treSensi | Portfolio Categories Item
65
archive,tax-portfolio_category,term-item,term-65,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
フィレンツェ彫りのヘアアクセサリー

Other-001

フラワーモチーフのヘアコンチョです。お客様からヘアアクセサリーのお品物のリクエストを頂いて、生まれた商品です。通常のヘアアクセサリーはゴムを付け替える事ができないものが多いのですが、こちらのお品物はゴムが劣化したら付け替える事が出来る構造になっておりますので末永くお使いいただくことができます。
お花の中央部分には、アクアマリンを留めました。花びら一枚一枚に彫りを入れてお花のテクスチャを表現しています。ヘアアクセサリをもっとジュエリーの様に身に着けて頂きたいと想いでのデザイン・制作したお品物です。存在感があるので手首に着けるとブレスレットの様に身に着けて頂くこともできます。

 

フィレンツェ彫りのガラスペンダント

Pendant-007

インプロ―ジョンという技法を使って、花の模様をガラスの中に入れ込んでペンダントに仕立てました。花の模様の背景は透明色なので、お召し頂く洋服のカラーが背景となって花の表情の変化を楽しむことができるのもガラスならではの特徴です。ガラスの直径は約3センチあり、身に着けて頂くととても存在感があります。またバチカンのデザインは唐草の装飾をモチーフにデザインしています。

フィレンツェ彫りのカメオペンダント

Pendant_Brooch-006

とても珍しいネックレスをした女性が彫刻されたイタリア製のシェルカメオを使ってペンダント・ブローチを制作しました。カメオの枠全体に彫りを入れて額縁のようなイメージで装飾しました。バチカンには粒の装飾を入れて立体感を出しています。またバチカンを折りたたむと、ブローチとしても身に着けることができます。


SOLD OUT

フィレンツェ透かし彫りのガラスペンダント

Pendant-005

フィレンツェスタイルの伝統的な透かし彫りを施したペンダント。イタリアでは「ハチの巣」(Nido d’ape)と言って、5画形に地金を透かしていきます。糸鋸をやすりの様に使って表、裏と交互に少しずつ透かしていきますので完成まで膨大な時間を費やします。蜂の巣の模様を背景にして、中心には花の模様を入れたガラスをセッティングしました。バチカンはペンダントのパーツの形に合わせてデザインしています。

フィレンツェ彫りのカルセドニーリング

Ring-008

カルセドニーを留めたシンプルなデザインのリングです。
ふっくらとした淡い色合いのカルセドニーをフクリン留めでセッティングし、石座全体にも彫りを施しました。
また、腕にはアカンサスの模様を彫っています。

Ring-007

フィレンツェスタイルのリング。
フィレンツェの伝統的な技法、透かし彫り(Traforo Forentino)とフィレンツェ彫り(Incisione)を施したリングです。
リングの上下を挟むように淵をつけて、その淵全面にも彫りを入れるのがフィレンツェスタイルです。
透かしの形はsemino(小さな種)と呼ばれており、名前の様に種の形をしています。透かしの部分はヤスリを入れることができないので糸のこをヤスリの様に使って全ての穴を透かしていきます。

フィレンツェ彫りのエタニティリング

Ring-006

シンプルな全周石留めのリングです。リングの地金に厚みを持たせて側面にシンプルなデザインのフィレンツェ彫りを施しました。フィレンツェ彫りを施すと金属がキラキラと反射するで、石の輝きだけではなくリング自体も華やかに輝きます。

フィレンツェ彫りのブレスレット

Bracelet-001

彫りを全体に施した幅広のブレスレットです。こちらのブレスレットは手首を一周するタイプのもので、開閉用の金具まで全て手作りで作っています。
フィレンツェ彫りの技法で彫っているのですが、模様のデザインはアジアの花と波をモチーフにしているので、アジアンスタイルの雰囲気を感じて頂けるブレスレットとなりました。彫り部分は黒く燻すことで、アンティークのような仕上がりとなっています。

フィレンツェ彫りのリング

Ring-005

フィレンツェ彫りを全体に施したリングです。石を留めたり、彫りを施す事でメタルに余白を作らないのがフィレンツェスタイルのジュエリーです。こちらのリングも模様彫り以外の場所は、ヘアライン仕上げにしています。
このヘアラインの仕上げ方はイタリアではリガトゥーラ(rigatura)と言って、ヘアライン専用のリガータという鏨(la ciappola rigata)を使って入れていきます。
ヘアラインを入れることで、模様彫りの部分がより際立ちます。

フィレンツェ彫りの透かしダイヤペンダント

Pendant-004

花模様を透かし彫りしたペンダントトップ。中心に石をセッティングし、その石を取り囲む様に花模様の透かし彫りをしてフィレンツェ彫りで仕上げました。またバチカン部分はアカンサスの模様を彫っています。