Portfolio Tags ウェディングジュエリー
-1
archive,tax-portfolio_tag,term-154,stockholm-core-2.0.2,select-theme-ver-6.9,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_menu_,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.1,vc_responsive
イタリア フィレンツェ彫り マリッジリング

Marriage ring-003

 

月桂樹のリーフをモチーフにしたマリッジリングをつくりました。
月桂樹は古代ローマの頃より、「幸福の木」と言われてきたそうです。
身に着けて頂く方に、いつまでも幸福な気持ちを持ち続けてほしいという想いからこちらのリングをデザインをしました。

 

リングに配置されたリーフはとても小さなサイズなのですが、その一つ一つにグラニータ(Granita)というリーフのテクスチャーを表現するフィレンツェ彫りを彫刻しています。
リング全体を柔らかいフォルムのデザインにしたかったので、月桂樹のリーフとリーフをつなぐ部分は、エッジを取り流線的なフォルムにしました。リーフから次のリーフにつながるまで、途切れた印象を持たせないようにグラデーションのように美しく繋げることを意識してデザインしました。

 

3つのリーフを際立たせるために、こちらのリングはリーフ以外の場所は全て彫刻を施さず光らせて仕上げています。
光った部分と、彫りを入れた部分のテクスチャーの違いを楽しんで頂ければ嬉しく思います。

 

月桂樹のリーフを3つ、バランスよく均等に配置しているので、リングを身に着けた時にどの面が指の上に来ていたとしても、小さな月桂樹の葉っぱが指と指の間から顔を出してくれます。

イタリア フィレンツェ彫り マリッジリング

Marriage ring-002

リング全体のフォルムを八角形にデザインした、クラシカルなマリッジリングです。

 

多角形のマリッジリングをデザインするにあたって、リングの淵側から見た丸いフォルムを崩しすぎず、かつ多角形を感じられるフォルムということで何角形のフォルムがよいのだろうかと考えてみたところ、8角形のフォルムにたどりつきました。
側面それぞれの平らな面には、教会の装飾のようなフィレンツェ彫りを彫刻しています。
また8角形の角の部分はエッジを無くしたかったので、柔らかく丸みを持たせるようにクボミをつけました。

 

8角形それぞれの面に彫刻した唐草の模様。その模様を一つずつ、つなげるようにダイヤ型の模様を彫刻しています。
2つ寄り添う唐草の模様、2つを一つに合わせると心(cuore)のデザインが浮かび上がります。
いつまでも心寄り添うご夫婦でいてほしいという願いからこちらの模様をデザインしました。

 

リングの側面、フィレンツェ彫りを施した部分の周囲にはぐるっと一周ミル打ちを施して、よりクラシカルなリングに仕上げています。
またリングの淵、8角形の角の部分に側面のデザインに合わせて、小さな唐草模様を8カ所彫刻を入れており、側面から見た時の美しさも考えてデザインしました。

イタリア フィレンツェ彫り エンゲージリング

Engagement ring-002

フィレンツェのジュエリーの代表的なモチーフ、アカンサスの植物をモチーフにデザインしたエンゲージリングです。
リングの腕の部分にはアカンサスの葉脈模様を彫刻しています。
アカンサスは、日本では「葉アザミ」という名前の植物で、その葉の形の美しさから古くからフィレンツェジュエリーのモチーフとされてきました。
腕のデザインはトップに配置したダイヤモンドに向かってしなやかに寄り添うように、美しくV字にカーブさせたことで女性的でクラシカルなフィレンツェ彫りのエンゲージリングが完成いたしました。

 

ダイヤモンドは植物から穏やかに垂れる花をイメージして、3ピースバランスよく配置しました。
葉脈の彫りを入れた腕の両側面には、連続する三角形の彫り模様を装飾し、そこから繋がる石座まですべての面に彫りを入れていますので、どこから見ても美しく身に着けて頂くことができます。
またエンゲージリングは将来的にリングサイズのお直しができるように、腕の下には彫りは入れずに仕上げております。

 

こちらのリングは上下どちらの向きでもお使いいただくことができます。
上向きにダイヤを配置するか、下向きに配置するかによって付けた時の印象も変わってきますので、その日の気分によって付け替えを楽しんで頂けます。

イタリア フィレンツェ彫り マリッジリング

Marriage ring-001

幾何学的なダイヤ型のフォルムを連続させてデザインしたマリッジリングです。

 

連続させたダイヤ型のフォルムに、より立体感を持たせたいと考えて、フォルムに沿いながらすり出しをして立体感を出しています。
一つ一つのフォルムをヤスリですり出していくと、側面(リングの淵の部分)のフォルムにも影響が出てきますので、側面を見ながらより美しいフォルムになるように考えながら、すり出していきました。
リングの淵を見た時に、ヤスリですり出した場所に出てくるのは山のような形、そのエッジラインをあまりシャープな印象にしたくなかったので、すり出した面も完全な平でなく、少し丸みを持たせて柔らかい印象になるようにしています。

 

ダイヤ型のフォルムの周りには粒の装飾、ミル打ちを施してクラシカルな装いにしました。
またダイヤ型フォルムの面にはSetaというシルクラインの彫りを入れて優しい光を演出しています。
このマリッジリングのデザインは、立体的にすり出した部分のメリハリを楽しんで頂きたいと考えましたので、すり出した面にはあえて彫りを入れずそのまま磨いて光らせています。
身に着けて頂くと、立体的で幾何学的なフォルムを楽しんで頂くことができるかと思います。

イタリア フィレンツェ彫り エンゲージリング

Engagement ring-001

treSensi で初めてデザインしたエンゲージリング第一号になります。
六角形のフォルムをモチーフにデザインしました。
六角形はバランスの取れた形。「調和・安定」を意味するといわれているそうです。
六角形は、その上下左右斜め、どこに配置しても隣に六角形がおさまります。
フィレンツェの透かし彫りにも「ハチの巣」の形に透かしていく技法があり、私もモチーフとしてはとても好きなフォルムです。

 

センターにはダイヤモンドを配置しています。
その両隣に配置した六角形は、一見すると石が留まっているかのようにキラキラと輝きますが、実はその場所には花の模様のフィレンツェ彫りをアクセントとして彫刻しています。
この場所には石を留めることもできますし、画像のように花の模様を彫刻することもできますし、お好きなデザインをお客様にお選びいただくことが可能です。

 

通常エンゲージリングというとダイヤモンドを生かしたシンプルなデザインのものが多いのですが、treSensiではシンプルな中にもデザイン性を重視したアクセントを入れるようにデザインしています。
特別な日にはもちろん日常使いもしていただけるようにとの想いからです。
時代に左右されず、アンティークジュエリーのようにずっと使い続けることのできるジュエリーを創り続けたいと願っています。

フィレンツェ透かし彫りのイヤリング

Order-007

イタリアフィレンツェの伝統的な技法、透かし彫り(Traforo fiorentino)とフィレンツェ彫り(Incisione)を施したウェディング用のイヤリングをセミオーダーにてお作りしました。

 

展示会で展示していた既存のお品物ラインである丸いイヤリングをベースに、イヤリングの金具を溶接する場所に新たにダイヤ型のパーツをデザインしました。
丸いパーツとダイヤ型のパーツの間に、ダイヤモンドの石座を挟んで丸い環で繋ぎ揺れるイヤリングとしてリデザインしています。
丸環は余裕を持たせた大きめのサイズで制作しているので、耳元で揺れる動きも大きくしなやかにゆらめきます。

 

イヤリング全体のフレーム部分の彫りは、全て同じ装飾を彫刻してデザインに統一感を持たせています。
全ての面に装飾が施されているのがフィレンツェスタイルのジュエリーです。
こちらのイヤリングもジュエリー全体に透かし・彫り・石を留めて華やかに装飾しました。

 

お客様のご要望で、イヤリングをウェディングでお使いになられた後も日常で使えるようなサイズ感にしてほしいとのことでした。
ウェディングドレスに合わせて華やかになるサイズでありながらも日常使いできるサイズを考慮しながら、実寸サイズのデザインを描き検討を重ねてデザインしました。