treSensi | アザミの葉・透かし彫りのリング
23141
post-template-default,single,single-post,postid-23141,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
フィレンツェ透かし彫りのダイヤリング

アザミの葉・透かし彫りのリング

オーダーメイドにてアザミの葉をモチーフに透かし彫りを入れたリングを制作させて頂きました。

ありがたい事に4月の展示会にて多くの受注を頂きまして
展示会終了後から目まぐるしい日々を過ごしています。
ここ数日は一気に空気が冷たくなったので体調の変化に気を付けないといけないですね!
さて、ようやくここ最近色々と仕掛の仕事が落ち着いてきて少しだけゆるやかな日々を過ごしています。
今日は先日、納品致しましたオーダー品のリングをご紹介したいと思います。

ギャラリーに掲載しているこちらのリング→(Ring-oo1)を気に入って頂きまして
このデザインをベースにしてオリジナルのリングを制作させていただきました。

お打ち合わせ後、改めて手描きのデザイン画をおこしてイメージをご確認いただき
内容にご了承を頂いてからの制作となります。
オーダー品の場合は、(その内容にもよりますが)まず最初に手描きのデザイン画を作成致します。
ラフなものですが実物サイズの図と、図面ではわかりにくいものの場合は拡大して描くこともあります。

 

今回はお客様がお持ちのダイヤのネックレスから、
ダイヤを外してリングのメインストーンとして使用致しました。
もともとのベースとしたリングのデザインは前周ダイヤをぐるっと留めていたのですが、
今回はメインのダイヤを留めた場所以外の部分にはフィレンツェ彫りを施すことになりました。
石を留めなくても、彫りを施すと地金がキラキラと輝くこともまた彫りのいいところなんです。

通常フィレンツェの透かし彫りは種の形のように穴を透かしていくのですが
今回は一か所だけ、アザミの葉っぱの形に透かしていきました。
これはお客様のアイディアなのですが、アザミの葉っぱの形がお好きで思い入れがあるということで
フィレンツェの透かし彫りのデザインを見ていて偶然このアイディアを思いつかれたそうです!

透かしの穴のサイズも大きいものでは無いので、
ラフな形であざみの葉っぱの形に透かしを入れさせて頂きました。
こういったオリジナルのデザインを組み込んでいけるのもオーダージュエリーならでは、ですよね!

 

そして、ダイヤを留める前の状態がこちら。彫りはまだ一部分しか入れてません。
透かしの真ん中の部分に粒の装飾を入れたら立体感も出て、可愛らしい印象に。

 

今回はホワイトゴールドでのお作りですが、お客様のご要望でロジウムのコーティングをせずに
割がねの比率を変えて、黄色味を消したホワイトゴールドでお作りしました。
ホワイトゴールドはやはり少し黄色味が出てしまうので、
通常はロジウムコーティングをして仕上げることが多いですね。

そして、ダイヤを留めて全体に彫りを入れて完成。

 

側面のアザミの葉っぱはこちらの角度からご覧ください。
よーく見ないとわからないくらいなのですが、
わかりすぎないくらいがさりげなくてステキだと思いませんか♪

 

写真でご紹介すると完成まであっという間ですが、リング本体の制作そして透かし彫りなどなど、、、
フィレンツェスタイルのジュエリーは一つ一つの工程が細かく時間がかかるので
納期をそれなりに頂いてしまいます。。←ここが最近の悩みどころです。。。

 

先日リングを納品させて頂き、とってもお似合いで気に入って頂けて私もこの瞬間が何より嬉しいです♪
許可を頂きまして、お写真を掲載させて頂きます!

このたびははご依頼を頂きましてありがとうございました!

 

 

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください