Portfolio Tags 婚約指輪
-1
archive,tax-portfolio_tag,term-183,stockholm-core-2.0.2,select-theme-ver-6.9,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_menu_,wpb-js-composer js-comp-ver-6.4.1,vc_responsive
イタリア フィレンツェ彫り エンゲージリング

Engagement ring-002

フィレンツェのジュエリーの代表的なモチーフ、アカンサスの植物をモチーフにデザインしたエンゲージリングです。
リングの腕の部分にはアカンサスの葉脈模様を彫刻しています。
アカンサスは、日本では「葉アザミ」という名前の植物で、その葉の形の美しさから古くからフィレンツェジュエリーのモチーフとされてきました。
腕のデザインはトップに配置したダイヤモンドに向かってしなやかに寄り添うように、美しくV字にカーブさせたことで女性的でクラシカルなフィレンツェ彫りのエンゲージリングが完成いたしました。

 

ダイヤモンドは植物から穏やかに垂れる花をイメージして、3ピースバランスよく配置しました。
葉脈の彫りを入れた腕の両側面には、連続する三角形の彫り模様を装飾し、そこから繋がる石座まですべての面に彫りを入れていますので、どこから見ても美しく身に着けて頂くことができます。
またエンゲージリングは将来的にリングサイズのお直しができるように、腕の下には彫りは入れずに仕上げております。

 

こちらのリングは上下どちらの向きでもお使いいただくことができます。
上向きにダイヤを配置するか、下向きに配置するかによって付けた時の印象も変わってきますので、その日の気分によって付け替えを楽しんで頂けます。

イタリア フィレンツェ彫り エンゲージリング

Engagement ring-001

treSensi で初めてデザインしたエンゲージリング第一号になります。
六角形のフォルムをモチーフにデザインしました。
六角形はバランスの取れた形。「調和・安定」を意味するといわれているそうです。
六角形は、その上下左右斜め、どこに配置しても隣に六角形がおさまります。
フィレンツェの透かし彫りにも「ハチの巣」の形に透かしていく技法があり、私もモチーフとしてはとても好きなフォルムです。

 

センターにはダイヤモンドを配置しています。
その両隣に配置した六角形は、一見すると石が留まっているかのようにキラキラと輝きますが、実はその場所には花の模様のフィレンツェ彫りをアクセントとして彫刻しています。
この場所には石を留めることもできますし、画像のように花の模様を彫刻することもできますし、お好きなデザインをお客様にお選びいただくことが可能です。

 

通常エンゲージリングというとダイヤモンドを生かしたシンプルなデザインのものが多いのですが、treSensiではシンプルな中にもデザイン性を重視したアクセントを入れるようにデザインしています。
特別な日にはもちろん日常使いもしていただけるようにとの想いからです。
時代に左右されず、アンティークジュエリーのようにずっと使い続けることのできるジュエリーを創り続けたいと願っています。