treSensi jewelry works | ガラスとホワイトトパーズのペンダントブローチ
23315
post-template-default,single,single-post,postid-23315,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive

ガラスとホワイトトパーズのペンダントブローチ

イタリア、フィレンツェに留学時にデザイン制作したペンダント。

とても思い入れのあるペンダントで、インスタグラムのアイコンでも使用しています。
今回、こちらのペンダントをブローチでもお使いになりたいとのご注文を頂きました。

ペンダントは、一部加工をすればブローチとしてもお使いになれます。
ただ、ブローチとしてお使いになる時は、チェーンを通す金具であるバチカンは必要なくなりますので
バチカンは正面から見えないように、折りたためるような構造に加工しなければなりません。

まず、ブローチピンを本体に溶接。そして、バチカンの下に細工をして折りたためるように再加工しました。
ブローチ、ペンダント、と2通りの使い方でお楽しみ頂けるジュエリーが完成しました。

 

 

写真だとあまりうまく撮影できませんでしたが、青いガラスは深みのある色合いで奥行きがあります。
天然石にはない色合いがこのボロシリケイトガラスの良いところなのです。
ガラスのジュエリーは夏に身に着けて頂くと涼しげな雰囲気でとても素敵です!
(冬でももちろん素敵ですが・・・。)

 

こちらのペンダント、シルバー925でお作りした場合、ガラスの周りの取り巻きは
キュービックジルコニアを留めているのですが、今回はお客様のご要望でホワイトトパーズを留めました。
キュービックジルコニアより繊細で控え目な輝きです。
ホワイトトパーズは硬度が低い石なので超音波洗浄機で洗浄できません。
通常のお手入れは、ぬるま湯に食器用の中性洗剤を溶かしてつけ置きして頂ければ
皮脂や汗は溶け出すのでその後、流水で洗ってから柔らかい布でふいて保管して頂ければオッケイです。
ジュエリーはお手入れを時々していただくことで、末永くご愛用いただけますよ。

無事に納品させて頂きまして、大変お気に召して頂けたようです。
このたびは、ご注文ありがとうございました!

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください