treSensi | Trattoria Anita
21806
post-template-default,single,single-post,postid-21806,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive

Trattoria Anita

イタリアと言えば食の都ですよね。
私はこちらで学生生活を送っているのであまり贅沢はできないのもあり、
あえてお得なランチの時間を狙って外食をしています。
備忘録も含めて、お勧めのお店をこのブログに掲載していきたいと思います。

20150415_140935

Trattoria Anita
Via del Parlagio, 2 50122 Firenze‎

 

トラットリア・アニタはトスカーナの家庭料理を提供していて、安く美味しくお食事ができる店として有名です。
地球の歩き方にも載ってるくらいです(笑)
この店では、通常ディナーですと25~55ユーロですが、ランチだと10ユーロと少しで
お腹いっぱいになれます。(ちなみにランチは平日のみです。)

イタリアの飲食店は様々な種類のお店があります。
リストランテ(Ristrante)・トラットリア(Trattoria)・オステリア(Osteria)・ピッツェリア(Pizzeria)などなど。
リストランテは一般的に高級店といわれる店、トラットリアは家庭料理を出す大衆的な店、オステリアは居酒屋、
ピッツェリアはお分かりのようにピザ専門店です。
しかし、あまり厳密な区分はないそうです。安いお店でもリストランテを名乗っていたりしますので・・・。

このお店はプリモピアット(Primo piatto)とセコンドピアット(Secondo piatto)と付け合せ(Contorno)で10ユーロです。
飲み物はこれに含まれませんが、イタリアは日本のように水が無料ではないので、お水を頼むと有料になります。
お水は1Lで2ユーロ、これにパンと席代が1人1ユーロでした。

下の写真はランチのメニュー(Menu del giorno)です。
日本人だけで行くと観光客扱いされて、ランチメニューを出してくれないお店もあるらしいので、
その時には「Avete un menù del giorno?」(ランチメニューはありますか?)と聞いてみるといいかもしれませんね。

20150415_141754

 

手前の3皿が私が頼んだお料理です。
黒キャベツのスープ(Zuppa di cavolo nero)と、タラのカツレツ(Cotoletta di merluzzo fritto)とサラダ(Insalata mista)。
なにしろ量が多くてびっくりです!パスタを頼んだ友人は本当に苦しそうでした(笑)
写真上の方に写っていますが、ポテトとソーセージ・豆の2皿に加えてパスタです。かなりの量です。

20150415_142714

 

そして、〆はカフェ(Caffè)1.5ユーロです。
エスプレッソに砂糖をたっぷりいれてのみます。
周りにいたイタリア人のお客さんは全員といっていいくらいこれで〆てました!

20150415_145851

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください