treSensi | バッソ要塞で手工芸品の展示会
21970
post-template-default,single,single-post,postid-21970,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive

バッソ要塞で手工芸品の展示会

バッソ要塞(Fortezza da Basso)で手工芸品の国際展示会(Mostra Internazionale dell’Artigianato)が
行われています。

Exif_JPEG_PICTURE

Fortezza da Basso
Viale Filippo Strozzi, 1, Firenze

 

アレッサンドロ・デ・メディチ(Alessandro de’ Medici )の依頼で、
建築家のアントーニオ・ディ・サンガッロ・イル・ジョヴァネ(Antonio da Sangallo il Giovane)
が建築しました。1534年から四年近くかけて作られたそうです。
現在は展示会などの会場として利用されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Mostra Internazionale dell’Artigianato
2015年 4月24日~5月3日 10時~22時30分

 

毎年この時期に開催されている展示会だそうです。
私の周りにもこの展示会を見に行った人が数人いて、その方々の話を聞いて行ってみることにしました。

手仕事で作られた、工芸品・カバン・ジュエリー・陶器などなど。
ジャンルを問わずかなりの数のブースが出展していました。天井の装飾がすごいです。

20150429_182914

 

バッソ要塞の中には建物がいくつもあります。ジャンル毎に分けられたブースが各建物の中で出展されています。
こちらの建物の中では主におもちゃが売られていました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

そして、一番大きな建物の中にはイタリアンフードのブースがたくさん!
(写真ぶれてて、すみません・・・。)
チーズにワイン等々。イタリアの食材がたくさん並びます。ほとんどのブースでは味見ができます。
私も歩いていて何杯、ワインをすすめられたことか!

Exif_JPEG_PICTURE

 

大きなパンにビックリ。大きな窯で焼いているのでしょうね。人と比べてみてもかなりの大きさ!

Exif_JPEG_PICTURE

 

とっても甘そうな、砂糖菓子。
奥の青いのはグミです。こちらで売られているグミの色はすごい色です・・・。
一体何が入っているのでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

 

伝統的なナポリのお菓子が売られていました。いつかナポリに行って食べてみたいです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

シチリア産のブラッドオレンジの生絞りジュース。
その場で注文すると絞ってくれます。(1.5ユーロ)

Exif_JPEG_PICTURE

 

とっても味が濃くて美味しかったです!

Exif_JPEG_PICTURE

 

丁度日が沈む20時くらいに展示会場を出ました。
すると目の前に虹が出ていました。綺麗。

Exif_JPEG_PICTURE

 

出展されたブースでの手仕事を見ていて、私も早くこちらでジュエリーを作りたくてウズウズしてしまいました。

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください