treSensi | トラットリア・チブレオ(Trattoria Cibreo)
21961
post-template-default,single,single-post,postid-21961,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive

トラットリア・チブレオ(Trattoria Cibreo)

イタリアの老舗有名店、チブレオ(Cibreo)に行ってきました。
こちらのお店にはリストランテとトラットリアがあり、リストランテは高級店なのですが
同じ内容のトスカーナ料理がトラットリアでは価格を抑えて食べられます。
味は同じですが盛り付けやサービスなどが違うとのことです。
後で知ったのですが地球の歩き方にも掲載されていました。

Trattoria Cibreo
Via de’ Macci, 122r Firenze

メニューから、プリモ(8ユーロ)とセコンド(15ユーロ)を注文しました。
お店の人が親切丁寧に料理の内容を説明してくれました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらは、プリモのパンのミネストローネ(Minestra di Pane)。
ミネストローネというとスープをイメージしていたので意外でした。色々な味がしみ込んでいて、優しいお味でした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらもプリモです。ポテトとリコッタのスフォルマートとミートソース(Sformato di Patate e Ricotta al Ragu )。
スフォルマートというのは型焼きのことです。湯銭焼きです。
柔らかくて、チーズの濃厚な味がしてとても美味しかったです!

Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらはセコンド。お店の人がすすめしていた、豚肉の骨付きの背肉(Arista al Maiale)です。
クリームソースがかかっていて、まろやかな味。それにバジル(?)の付け合せがついてました。
脂身がちょうどいい感じで焼き具合も良く美味しかったです。かなりのボリュームですがさっぱりとしていたので
あっという間に食べてしまいました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

こちらもセコンド。うさぎの詰め物のお料理(Coniglio Farcito)です。
豆の煮込みの付け合せがついていました。お料理によって付け合せが違うのですね。

Exif_JPEG_PICTURE

 

全部のお料理が本当に美味しかったです。優しい味付けで日本人の口にも合うと思います。
チブレオ・リストランテの方と違って、トラットリアなので気軽に入れる雰囲気です。
開店直後に入ったのでスムーズに席につけましたが、しばらくしたらすぐに満席になっていました。
トラットリアの方は予約もできないようなので、早めにいかれる事をお勧めします!

デザートはお腹がいっぱいになったので注文しなかったのですが、ここのチョコレートケーキをサービスで頂きました。
お店で一番人気だそうです。とても濃厚で美味しかったです。

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください