treSensi | ジュエリーの勉強がスタートしました
22388
post-template-default,single,single-post,postid-22388,single-format-standard,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
インチジオーネ フィレンツェ彫り 版画

ジュエリーの勉強がスタートしました

イタリアのフィレンツェにきてから三か月がたとうとしています。
本当にあっという間の三か月です!

そしてご報告が遅れましたが、三週間前からジュエリーの勉強がスタートしています。
イタリアに来て、最初の二か月は語学の学校に通い、
その後ジュエリーの学校に通っています。

授業では、透かし彫りやインチジオーネ、石留めなど、フィレンツェの伝統的な制作技法を中心に勉強しています。
特に私が勉強したかったのが、インチジオーネ(フィレンツェ彫りとも呼ばれています)です。
ルネサンス期から受け継がれる伝統的な技法で、鏨を使って絵柄を彫り進めていきます。

先日、インチジオーネの授業で完成した私の二つ目の課題、
銅版に「モナリザ」を彫刻しました。一種類の鏨だけを使って彫っています。
線の太さの強弱や陰影などは、鏨の向きを変えて彫ったり、彫る力を変えることで表現してます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

インチジオーネの授業では、まず数枚銅版を使って絵柄を彫って鏨の使い方に慣れてから、
その後実際のジュエリーに彫っていきます。
私もこのモナリザの作品が終わって今はリングに彫りを入れています。

新しい事を吸収するというのは、わくわくしますね!毎日とても充実した日々を過ごしています。
限られた時間の中で、学べる事をしっかり吸収して、
日本に帰った時にしっかりと制作に生かせるようにしたいと思っております!

No Comments

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください