treSensi jewelry works | Sweet 10リングのリフォーム
23466
post-template-default,single,single-post,postid-23466,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive

Sweet 10リングのリフォーム

Sweet 10のリングのリフォームをご依頼頂き、先日納品いたしました。
ずっと大事にお使いになっていたSweet 10のリング。使用していく中でリングが歪んでサイズが少しきつくなってきたので、この機会にリフォームしてお使いになりたいとご注文を頂きました。

写真向かって左が今回リフォームされるSweet10のリング。
デザインを打ち合わせる中で、右側のピアスのダイヤもお使いになりたいということで合わせて12粒のダイヤモンドを使ってリフォームすることになりました。

 

いつもの様に、ラフデザインを3案程書いてご提案した中でこちらのストレートでシンプルな
デザインをお選び頂きました。中央にはお誕生石のペリドットを配置します。

 

今回は大きめのダイヤ6粒とペリドットを覆輪留めで留めて残りのダイヤは腕の部分に直接留める彫り留めで留めていくことになりました。素材はK18ホワイトゴールドでお作りしています。今度は歪んでしまわないように、腕の部分はしっかりと太めに作りました。

 

そして、完成したお品物がこちらです。今回ピアスのダイヤを加えたのでトータル1.1ctにアップ。キラキラ輝いて迫力がありとても美しいです。ペリドットを中心に腕に向かって、ダイヤの大きさが丁度よいグラデーションになっています。

 

側面にはフィレンツェ彫りとミルグレイン(粒の装飾)を入れて全体をクラシカルな雰囲気に仕上げました。私が個展をした際に展示していたリングに入っていた彫りの模様を、お客様に気に入っていただけてこちらと同じ彫りでとリクエストをいただきました。彫りが入ることでお品物の印象がグレードアップしますよね!これがフィレンツェ彫りの魅力なのだと思います。

 

完成したお品物を見られて想像以上の仕上がりだととても喜んでいただけました。このたびはご注文ありがとうございました!

No Comments

Post a Comment