treSensi | Portfolio Tags リング
106
archive,tax-portfolio_tag,term-106,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
フィレンツェ彫りガムランボールのリング

Gamlan-002

インドネシアのバリ島にガムランという青銅製の楽器があります。その楽器と同じような音色を奏でるガムランボールのリングを作りました。通常のガムランボールは粒の装飾を施すのですが、このリングにはフィレンツェ彫りを施しています。
リングのボールのサイズは13mm。身に着けて頂いた時に大きすぎない様に、かつ存在感のあるサイズにデザインしました。球体部分の彫りは球に合わせてらせん状デザインの彫りを入れています。腕の部分は上部全面にクラシカルな葉脈のデザインを入れています。

フィレンツェ彫りのダイヤとペリドットリング

Order-012

お客様がお持ちのSweet 10のリングと、ダイヤモンドのピアスからダイヤを2粒加えて、新たなリングをお作りしました。中央にお誕生石のペリドット、そしてグラデーションのように大きさの違うダイヤモンドを腕に向かって配置しました。大きなサイズのダイヤは石座を作り覆輪留めで留め、それ以外のダイヤは地金に直接彫り留めで留めています。シンプルなデザインですが、側面にフィレンツェ彫りを放射状に入れ、ミルグレイン(粒の装飾)を加えてクラシカルで華やかな雰囲気に仕立てました。

 

フィレンツェ彫りのイニシャルリング

Order-010

イニシャルリングの、イニシャル部分のデザインを「A」と「S」の2文字で、とのリクエストを頂きセミオーダー品としてご注文頂きました。「A」と「S」を重ねて同じ盤面にリデザイン致しました。イニシャルのラインは、唐草のような滑らかな曲線を意識しながら彫刻しています。

フィレンツェ透かし彫りのダイヤリング

Order-009

以前オーダーにてお作りしました、Order-006のペンダント・ブローチとお揃いのリングをご注文頂きました。お揃いのデザインにするために、ペンダントと同じ割振りで透かし彫りを施しています。使用しているメレダイヤは、お客様がお持ちのリングから外してお留めしています。またイエローゴールド部分のフレームには、ペンダントと同じ模様の彫りを施しました。

フィレンツェ彫りのイニシャルダイヤリング

Order-005

以前オーダーメイドにて制作しましたイニシャルリングのデザインをベースとして、お客様がお持ちのダイヤモンドを使ってリングを制作させて頂きました。ダイヤモンドをデザインに追加したことでボリュームのある華やかなリングとなりました。またイニシャルの部分はアンティーク調の文字を手彫りで彫刻し、より際立たせる為にイエローゴールドを素材として使用しています。ダイヤモンドの石座、リング全体にもフィレンツェ彫りを入れて華やかに装飾致しました。

フィレンツェ透かし彫りのダイヤリング

Order-004

お客様がお持ちのダイヤモンドを使って、オーダーメイドにてリングをお作りしました。全体的なデザインはフィレンツェスタイルの伝統的な透かしと彫りを施したジュエリーです。通常フィレンツェスタイルの透かし彫りは種の形の様に透かしをしていくのですが、こちらのリング、お客様のご希望で一か所だけアザミの葉の形に透かしを施しました。(左下の写真ご参照ください)アザミの葉はお客様にとって思い入れのあるモチーフということで、とてもオリジナリティの高いリングになりました。

フィレンツェ彫りのイニシャルリング

Order-001

オーダーメイドで制作したイニシャルリング。18Kイエローゴールドの丸いパーツに筆記体のイニシャルを彫り、シルバーリング本体の中心に配置しました。リング全体にフィレンツェスタイルの彫りを施していますが、腕への彫りは部分的にすることで、将来のサイズ直しにも対応できるように致しました。

フィレンツェ彫りのカルセドニーリング

Ring-008

カルセドニーを留めたシンプルなデザインのリングです。
ふっくらとした淡い色合いのカルセドニーをフクリン留めでセッティングし、石座全体にも彫りを施しました。
また、腕にはアカンサスの模様を彫っています。

Ring-007

フィレンツェスタイルのリング。
フィレンツェの伝統的な技法、透かし彫り(Traforo Forentino)とフィレンツェ彫り(Incisione)を施したリングです。
リングの上下を挟むように淵をつけて、その淵全面にも彫りを入れるのがフィレンツェスタイルです。
透かしの形はsemino(小さな種)と呼ばれており、名前の様に種の形をしています。透かしの部分はヤスリを入れることができないので糸のこをヤスリの様に使って全ての穴を透かしていきます。

フィレンツェ彫りのエタニティリング

Ring-006

シンプルな全周石留めのリングです。リングの地金に厚みを持たせて側面にシンプルなデザインのフィレンツェ彫りを施しました。フィレンツェ彫りを施すと金属がキラキラと反射するで、石の輝きだけではなくリング自体も華やかに輝きます。