treSensi | Portfolio Tags ボロシリケイトガラス
107
archive,tax-portfolio_tag,term-107,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
フィレンツェ彫りのガラスペンダント

Pendant-007

インプロ―ジョンという技法を使って、花の模様をガラスの中に入れ込んでペンダントに仕立てました。花の模様の背景は透明色なので、お召し頂く洋服のカラーが背景となって花の表情の変化を楽しむことができるのもガラスならではの特徴です。ガラスの直径は約3センチあり、身に着けて頂くととても存在感があります。またバチカンのデザインは唐草の装飾をモチーフにデザインしています。

フィレンツェ透かし彫りのガラスペンダント

Pendant-005

フィレンツェスタイルの伝統的な透かし彫りを施したペンダント。イタリアでは「ハチの巣」(Nido d’ape)と言って、5画形に地金を透かしていきます。糸鋸をやすりの様に使って表、裏と交互に少しずつ透かしていきますので完成まで膨大な時間を費やします。蜂の巣の模様を背景にして、中心には花の模様を入れたガラスをセッティングしました。バチカンはペンダントのパーツの形に合わせてデザインしています。

フィレンツェ彫りのガラスペンダント

Pendant-002

ボロシリケイトガラスを中央にセッティングしたペンダントトップです。ボロシリケイトガラスは作業時の温度によって色が変わる「変化色」を使っているので石を使ったジュエリーとはまた違った表情を楽しむ事ができます。また周囲をメレサイズの石でぐるっと囲み華やかな印象に仕上げました。金属部分全体にはフィレンツェ彫りを施しています。

Ring-003

ボロシリケイトガラスを使用したリングです。
ボロシリケイトガラスは作業時の温度によって色が変わる、変化色を使っているのでガラス内部の色が一定では無く、石を使ったリングとはまた違った表情を楽しむ事ができます。
また、石座だけではなく腕全体にもフィレンツェ彫りを施しています。