treSensi | Portfolio Tags シルバー
105
archive,tax-portfolio_tag,term-105,qode-social-login-1.0,qode-restaurant-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.4,vc_responsive
フィレンツェ彫りガムランボールのリング

Gamlan-002

インドネシアのバリ島にガムランという青銅製の楽器があります。その楽器と同じような音色を奏でるガムランボールのリングを作りました。通常のガムランボールは粒の装飾を施すのですが、このリングにはフィレンツェ彫りを施しています。
リングのボールのサイズは13mm。身に着けて頂いた時に大きすぎない様に、かつ存在感のあるサイズにデザインしました。球体部分の彫りは球に合わせてらせん状デザインの彫りを入れています。腕の部分は上部全面にクラシカルな葉脈のデザインを入れています。

フィレンツェ彫りのヘアアクセサリー

Other-001

フラワーモチーフのヘアコンチョです。お客様からヘアアクセサリーのお品物のリクエストを頂いて、生まれた商品です。通常のヘアアクセサリーはゴムを付け替える事ができないものが多いのですが、こちらのお品物はゴムが劣化したら付け替える事が出来る構造になっておりますので末永くお使いいただくことができます。
お花の中央部分には、アクアマリンを留めました。花びら一枚一枚に彫りを入れてお花のテクスチャを表現しています。ヘアアクセサリをもっとジュエリーの様に身に着けて頂きたいと想いでのデザイン・制作したお品物です。存在感があるので手首に着けるとブレスレットの様に身に着けて頂くこともできます。

 

フィレンツェ彫りのカメオペンダント

Order-011

シェルカメオを使ってペンダント・ブローチを制作しました。お客様には在庫しているカメオからお好きな物をお選び頂きブローチ兼用で使えるペンダントということでオーダー頂きました。カメオの枠全体に彫りを入れて額縁のようなイメージで装飾、またバチカンには葉の模様を彫刻しています。バチカンは折りたためるような構造に金具を仕立てて、ブローチとしても身に着けることができるようになっています。

 

フィレンツェ彫りのイニシャルリング

Order-010

イニシャルリングの、イニシャル部分のデザインを「A」と「S」の2文字で、とのリクエストを頂きセミオーダー品としてご注文頂きました。「A」と「S」を重ねて同じ盤面にリデザイン致しました。イニシャルのラインは、唐草のような滑らかな曲線を意識しながら彫刻しています。

フィレンツェ彫りのイニシャルペンダント

Order-008

イニシャルを彫刻したペンダントトップをオーダーにてお作りしました。ベースのデザインはOrder-001のイニシャルリングをモチーフとして制作しています。お客様のご要望で、イニシャルが入る盤面は楕円形としました。またイニシャルは楕円形に合わせて唐草の装飾をイメージするようなデザインとし、レイアウトしました。ペンダントの裏面は放射状にヘアラインの装飾を彫刻しています。

フィレンツェ彫りのガラスペンダント

Pendant-007

インプロ―ジョンという技法を使って、花の模様をガラスの中に入れ込んでペンダントに仕立てました。花の模様の背景は透明色なので、お召し頂く洋服のカラーが背景となって花の表情の変化を楽しむことができるのもガラスならではの特徴です。ガラスの直径は約3センチあり、身に着けて頂くととても存在感があります。またバチカンのデザインは唐草の装飾をモチーフにデザインしています。

フィレンツェ透かし彫りのイヤリング

Order-007

ウェディング用のイヤリングをセミオーダーにてお作りしました。既存の丸いイヤリングをベースに、新規でダイヤ型のパーツ追加し、パーツ同士は丸カンで繋げて二連式の揺れるイヤリングとしました。結婚式でお使い頂くにあたって、人目を惹きつける様なサイズであると同時に、普段もお使い頂けるように。大きさは検討を重ねてデザインしました。

フィレンツェ彫りのカメオペンダント

Pendant_Brooch-006

とても珍しいネックレスをした女性が彫刻されたイタリア製のシェルカメオを使ってペンダント・ブローチを制作しました。カメオの枠全体に彫りを入れて額縁のようなイメージで装飾しました。バチカンには粒の装飾を入れて立体感を出しています。またバチカンを折りたたむと、ブローチとしても身に着けることができます。


SOLD OUT

フィレンツェ透かし彫りのガラスペンダント

Pendant-005

フィレンツェスタイルの伝統的な透かし彫りを施したペンダント。イタリアでは「ハチの巣」(Nido d’ape)と言って、5画形に地金を透かしていきます。糸鋸をやすりの様に使って表、裏と交互に少しずつ透かしていきますので完成まで膨大な時間を費やします。蜂の巣の模様を背景にして、中心には花の模様を入れたガラスをセッティングしました。バチカンはペンダントのパーツの形に合わせてデザインしています。

フィレンツェ彫りのイニシャルダイヤリング

Order-005

以前オーダーメイドにて制作しましたイニシャルリングのデザインをベースとして、お客様がお持ちのダイヤモンドを使ってリングを制作させて頂きました。ダイヤモンドをデザインに追加したことでボリュームのある華やかなリングとなりました。またイニシャルの部分はアンティーク調の文字を手彫りで彫刻し、より際立たせる為にイエローゴールドを素材として使用しています。ダイヤモンドの石座、リング全体にもフィレンツェ彫りを入れて華やかに装飾致しました。